【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 編集長日記 > 11月1日 第15回日中友好健康麻将交流大会

11月1日 第15回日中友好健康麻将交流大会

Bookmark this on Yahoo Bookmark

さる10月31日、第15次日本健康麻将協会訪中団は羽田から飛び立った。
今回の目的地は北京・中国棋院。

そこで小島武夫団長以下、日本側選手16名と同数の中国選手が中国ルールで戦うのである。
(本欄の古い読者には周知のことであるが、中国ルール(国際公式ルール)はこの訪中団がきっかけで誕生した。(2004年11月の日記参照))

この写真でわかるように、中国棋院は国家体育総局に隣接している。

中国ルール初試合を終えたばかりの小島プロ



国が運営している施設で5つのゲーム(棋牌)の協会が所属しているのだ。

いちばん有名な囲碁では、中国全土から有望な若手を集め育成していると聞く。
その結果、日本でも盛んな囲碁ではあるが、一流プロが歯が立たない。

付け加えると、中国においては日本のように頭と体を切り離しては考えない。
それゆえゲームも、頭脳スポーツとして同じ役所が管轄しているのだ。

その中国棋院で対局ができることに筆者は胸躍らせた。
というのも、98年にルールが誕生して以来、国家体育総局にはとくにこのルールを普及させようという動きは出なかったからだ。

毎年中国各地で地道に交流大会を重ねた結果、この聖地にたどり着いたという感慨がある。

喜びすぎたのか、結果は散々だったが。(32人中22位、3.5P)
※評価は1位=4P、2位=2P、3位=1P、4位=0P。筆者の成績は2位、3位、同点3位。

日本人最上位は田邊恵三会長の兄上の田邊良夫さん。(5位、8.5P)

表彰式で自身作の「健康麻将讃歌」を披露したところ、取材に来ていた北京テレビにインタビューされた。



アジアオリンピック評議会が主催する2010年の広州大会では囲碁が正式種目になった。
(中国のスポーツの概念の証左)
これにマージャンがどう続くかが今後の課題である。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース