【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 編集長日記 > 第4期最高位戦classic優勝は!?

第4期最高位戦classic優勝は!?

Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回は、三宅編集長に代わり園田賢がお送りします。

昨日は最高位戦classic決勝最終日に行ってきた。
この最高位戦classicというタイトル戦、今年で4期目を迎える。

現在一発裏ドラありでリーグ戦を行っている最高位戦だが、昔は一発裏ドラなし不聴罰符なしの和了り連荘という、超ストイックなルールでやっていたのだ。
原点回帰し、そのルールでやってみようと4年前に復刻したタイトル戦がこの最高位戦classic。

今期、決勝に残ったのは以下の4人
坂本 大志(さかもとまさし)
有賀 一宏(あるがかずひろ)
上野 龍一(うえのりゅういち)
根本 佳織(ねもとかおり)

若手はルールに対応しきれないと言われる中、上野以外の3人が20代。

決勝は、4人で半荘5回ずつ2日間で行われる。
初日の5回戦で4連勝した坂本は2位の有賀と94.0差の圧倒的優位。
classicはオカなしでウマは4-12だから、最終日でこれをまくるのはとても大変。
後の二人はさらに辛い戦いになる。

6回戦トップを取ったのは有賀。
決して坂本のワンサイドにはさせない。
有賀が大きなトップを連発するも坂本は食らいついて、全部連対。
6回戦から9回戦の二人の着順は
有賀1131
坂本2212
素点がものをいうこのルール、最終戦10回戦を迎え有賀と坂本の差は32.0まで迫っていた。
坂本「全部連対して60も差を詰められるってどうなってんの!!!」

最終戦、有賀はハネツモor満貫直撃の条件を満たす聴牌は入れられず。
優勝は坂本大志。

誰よりも麻雀に真剣な男、念願の初タイトル(坂本と新津潔代表)



最終成績

1 坂本 大志 126.2
2 有賀 一宏 111.4
3 上野 龍一 -91.3
4 根本 佳織 -146.3

ちなみに僕が観戦記を書く予定なので詳しくはそれを見てほしい。
9月1週目ぐらいにはアップするつもりなので、最高位戦HPをチェック!

決勝が終われば「ノーサイド」(左より有賀・根本・坂本)


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース