【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 編集長日記 > 飯田プロの新刊「麻雀 攻めの法則」が事務所に届く

飯田プロの新刊「麻雀 攻めの法則」が事務所に届く

Bookmark this on Yahoo Bookmark

7月14日 飯田プロの新刊「麻雀 攻めの法則」が事務所に届く。
筆者が企画した、飯田プロの戦術書が刷り上った。
ご存知のように、飯田プロは8回も最高位を獲得した最強プロの一人なのだが、なぜそんなにも強いのかは今もって謎だ。

 それを解明し、読者と共に自分も強くなろうというのが狙いなのだが、果してうまくいったかどうか。
筆者とは順位戦101入会が同期で、当初より飯田マージャンに触れる機会には恵まれていたのだが、金子プロとは違いあまりマージャンについて語らないのが飯田流で、その考え方を聞けることはなかった。(今思い出してみると、10歳年長でパンチパーマの飯田プロは近寄りがたかったかも・・・)
最近はその飯田流も、教室を開いたり、若手を指導する立場になり変わってきて、筆者が質問すればできるだけ答えようとしてくれる。

 筆者なりに飯田マージャンの特長を分析すれば
①セオリック(ベースはオーソドックス、手広さ重視)
②意志性(テンパイ形や攻めどころを自分で決める=金子プロの牌流定石の逆)
③戦略性(相手を分析し、長いスパンで戦いを組み立てる)
ということになろうか。

 これからまだまだ強くなりたいプレイヤーはぜひご一読ください。
ということで、発売日は7月20日、全国の書店で。(毎日コミュニケーションズ刊、定価1380円+税)


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース