【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 編集長日記 > 井出さんに誘われて、パチンコメーカーのショールームへ

井出さんに誘われて、パチンコメーカーのショールームへ

Bookmark this on Yahoo Bookmark


 井出さんに誘われて、上野にあるパチンコメーカーのショールームに出向いた。入ってビックリ、「華牌 井出洋介の華麗なる麻雀」なる新型のCR機が所狭しと並べられ、訪れたパチンコ関係者の皆さんがチンジャラと試し打ちをしているではないか。
液晶画面をのぞくと大きく手牌13枚が映し出され、ツモと打牌を繰り返している。5年前までパチンコをたしなんでいた筆者は、麻雀牌があしらわれ、3牌がくるくる回って当たりかどうかを表示するタイプのものは実際に打ったことがあった。
しかし・・・これはまるでテレビゲームのようだ。
画面上で戦うふたりのキャラクターがアガるかどうかで、リーチが揃うかが決まり、しかもアガリ点によって確率変動を引く確率が変わる(満貫以下2分の1、ハネ満以上3分の2、役満100%)という作りこみである。
しかも、ときどき井出さんが現れ(ラウンド中にも!)、何切る問題を出題する。ウ~ム、そこまでやるか。
同じアミューズメント業界でお客を取り合うライバルといわれたりもするが、この機種を打てば、確実にマージャンも打ちたくなると思うのだが、いかが。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース