【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 編集長日記 > 2月13日 第9回国際ルール麻雀大会

2月13日 第9回国際ルール麻雀大会

Bookmark this on Yahoo Bookmark

2月13日 第9回国際ルール麻雀大会 
主催:日本麻雀連盟 
後援:JMOC麻雀競技組織委員会、中日新聞社、中日スポーツ

今年2度目の大会出場は名古屋で行われた中国ルールの大会だ。
(関東、北陸、中部、関西から28チーム112人が名古屋駅前の「琥珀」に集結)
筆者も初出場だったのだが、主催者の発表によると今年初めて世界の愛好者にリリースし、それに応えて中国から3チームの参加があったとのこと。
また、日本健康麻将協会のチームも初参加し、これで中国麻将に取り組んでいる主だった団体が顔を揃えたと日本麻雀連盟の石本洋一理事長も挨拶で喜びを表していた。

筆者のチームは日本麻将協会Cチーム、ベテラン二人に若手精鋭を加えて、優勝も狙えるはずだったのだが・・・。筆者の成績は1.0.1.1の3ポイント。(1位=4P、2位=2P、3位=1P、4位=0P)大、大、大ブレーキである。(チーム戦なので4人のポイントの合計で競う)

もし筆者一人がこれであればチームメイトに合わす顔がないところであったが、ポイントゲッターであるはずの若手組も4P、5Pというていたらくで事なきを得た。

ただ、チームリーダーの小野寺克之さん(東北本部)が見事個人優勝を果たしのが救いであった。


優勝した日本麻将体育協会Aチーム、左から水主川史大、手塚ゆり、窪田秀章、桜井紘己の各選手。


準優勝、日本麻将体育協会Dチーム。



第3位、日本麻将体育協会Bチーム。左から片山邦夫、釘宮百香里、釘宮公人、八木忠雄の各選手。


個人戦ベスト3。

左から準優勝・清水豊(日本麻将体育協会)、優勝・小野寺克之、第3位・周紅武(中国)の各選手。



中国選手団と随行者。



わが日本麻将体育協会Cチーム。左から柏木拓、浅羽英隆、小野寺克之、筆者。

15位/28チーム中、筆者の個人成績=99位/112人中。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース