【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 佐藤崇の第35期最高位決定戦自戦記 > 佐藤崇の第35期最高位決定戦自戦記④

佐藤崇の第35期最高位決定戦自戦記④

Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆5回戦◆

2日目となった第35期決定戦。初日を終えたトータルポイントは
佐藤 +147.9
水巻  +28.6
飯田  -50.5
村上 -126.0

大幅リードではあるが、残りは4日間16回戦残っている。まだまだポイントを意識する段階ではない。ただ追いかける3人は、私にこれ以上離されまいと多少辛く打つ事にはなりそうだ。

今から半年以上前の事を思い出しながら書いているので、この日だったか3日目だったか確かではないが、村上は髪を短く刈り上げていた。
失点挽回の決意の表れだろうか。

一方、初日を怒涛のリーチ攻勢に終始した飯田だが、ポイント以上にその存在感は際立っていた。元来そういう雀風ではあるが、おそらくこの戦い方が今回の作戦なのだろう。2日目も『面前命のリーチかけまくり大作戦!』を敢行するに違いない。

水巻は正直な所『あれ?プラスしてたの?』といった印象だった。だがこれこそが、苦しいながらも丁寧に立ち回りちゃっかり浮きに回る、彼の持ち味でもある。


起家から佐藤、村上、水巻、飯田の順で2日目のゴングは鳴った。



東1局
まず先制したのは水巻。8巡目にリーチも、12巡目に追いついた村上につかまってしまう。

村上
p_ms2_1.gifp_ms2_1.gifp_ms6_1.gifp_ms7_1.gifp_ms8_1.gifp_ps2_1.gifp_ps3_1.gifp_ps4_1.gifp_ps4_1.gifp_ps5_1.gifp_ss6_1.gifp_ss6_1.gifp_ss6_1.gif ロンp_ps6_1.gif ドラp_ms2_1.gif ウラp_ps9_1.gif

先制した水巻のリーチは

水巻
p_ms3_1.gifp_ms4_1.gifp_ms5_1.gifp_ms5_1.gifp_ms6_1.gifp_ms7_1.gifp_ps2_1.gifp_ps3_1.gifp_ss1_1.gifp_ss2_1.gifp_ss3_1.gifp_ss7_1.gifp_ss7_1.gif

こんなピンフリーチ。ドラの振り替わりとp_ss4_1.gifの手変わりはあるものの、この手のリーチは昨今主流となりつつある。序盤から全員がヤオチュー牌の連打に終始した、場況の優劣のつきにくい状況だが、待ちが端にかかっているのもリーチ判断の一つだろう。例えばこれが

p_ms3_1.gifp_ms4_1.gifp_ms5_1.gifp_ms5_1.gifp_ms6_1.gifp_ms7_1.gifp_ps5_1.gifp_ps6_1.gifp_ss1_1.gifp_ss2_1.gifp_ss3_1.gifp_ss7_1.gifp_ss7_1.gif ドラp_ms2_1.gif

こんな感じなら、水巻はヤミテンにしそうである。なので今局の心境は『しょうがないな』の範囲であろう。
だがこの半荘、彼にとっては非常に厳しいものとなる。次局も飯田の先制リーチに果敢にぶつけるも、軍配は飯田に。東3局の親番で一旦2000点をあがるも、それは1本場で跳満を被る為の連荘に過ぎなかった…。

東1局 ドラp_ms2_1.gif 裏ドラp_ps9_1.gif

次のページ→
—————————–

ページ: 1 2 3 4 5 6 7


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース