【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > イベント > 学生麻雀部連合による麻雀がつなぐボランティア活動、精神障がい者向け交流会を9月大阪で開催!

学生麻雀部連合による麻雀がつなぐボランティア活動、精神障がい者向け交流会を9月大阪で開催!

Bookmark this on Yahoo Bookmark

国内外14大学が加盟する、最大の学生麻雀団体「学生麻雀部連合」が、ボランティア活動として精神障がい者向け交流会「市民と精神障がい者のふれあい健康麻雀の集い」を9月9日に大阪で開催する。

————————————————————————-

国内外14大学が加盟する、最大の学生麻雀団体「学生麻雀部連合」 
麻雀がつなぐボランティア活動、精神障がい者向け交流会を9月大阪で開催!


麻雀を通じた交流、コミュニティの形成を目指す、学生麻雀部連合(代表:永野 彰一)は、精神障がい者の社会参加が促進できるような「場」を設け、地域の人々と交流していくことを目的に設立されたボランティア団体「青い鳥」と共同で、精神障がい者向けの麻雀交流会「市民と精神障がい者のふれあい健康麻雀の集い」を9月9日、大阪にて開催することとなりました。

【開催の目的】
近年、精神障がい者の治療に関して、自然なコミュニケーションや穏やかな喜怒哀楽を回復するために、病院や施設ではゲームをプログラムに取り入れています。その中で麻雀は、将棋や囲碁、また大勢で行うゲームと異なり、気軽に人とのコミュニケーションを取りやすいとされる4名という人数で実施する点や、頭・手を使いながら会話を行うという点で、精神障がい者にとって最適なゲームであると「青い鳥」では考えています。
学生麻雀部連合は、麻雀を一つの知的ゲーム(競技)として社会的に広める活動を行うこと、そして麻雀を通じた交流、コミュニティの形成の実現を目指しており、その学生麻雀部連合の加盟団体で、麻雀のネガティブなイメージを払しょくし、社会貢献活動に役立てていきたいと考える近畿大学競技麻雀部と「青い鳥」で、精神障がい者と学生の麻雀交流会を開催することとなりました。

【開催概要】
1.日程
2011年9月9日(金) 13時~17時

2.開催場所
福祉総合センター
〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1丁目5-5
(南海本線岸和田駅下車 南東へ徒歩5分)

3.タイムスケジュール
13:00~13:05 開会のご挨拶(近畿大学競技麻雀部、青い鳥)
13:05~13:20 健康麻雀とは?~麻雀の新しい楽しみ方~
       (近畿大学競技麻雀部)
13:20~13:30 チーム分け
       (1卓は初心者向け 2卓~4卓は階級別に振り分け・最大5卓)
13:30~16:50 対局交流
16:55~17:00 閉会の挨拶(近畿大学競技麻雀部、青い鳥)


【精神障がい者団体「青い鳥」とは】
大阪、泉州地域において、精神障がい者の様々な願いを実現・社会参加を目的とする「精神障がい者当事者・家族・ボランティア・サポーター」で構成している。


【学生麻雀部連合とは】(URL: http://gakujanren.nengu.jp/ )
学生麻雀部連合は、麻雀を一つの知的ゲーム(競技)として社会的に広める活動を行うこと、そして麻雀を通じた交流、コミュニティの形成の実現を目的とした団体で、2010年8月に早稲田大学競技麻雀部と電気通信大学競技麻雀部が提携し結成。
2010年9月より順次、東京電機大学麻雀同好会、都留文科大学競技麻雀部、東北公益文科大学麻雀サークル、宇都宮大学麻雀研究会、東洋大学麻雀サークルcasterが加盟し、関東に於いて7大学の学生麻雀部による連合に成長。また、2011年1月に同志社大学麻雀サークルCustardが加盟し、関西支部を設立。その後、大阪市立大学競技麻雀サークル『朱雀門』、甲南大学麻雀サークル、近畿大学競技麻雀部、競技麻雀団体「Jan-Janふれんず」が次いで加盟し、全国進出にも力を入れている。2011年4月、モスクワ大学麻雀部Tesujiが加盟し、いよいよ海外進出を果たす。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース