【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > イベント > 第24期長野カップ戦・第41回チェックめいんフェスティバル

第24期長野カップ戦・第41回チェックめいんフェスティバル

Bookmark this on Yahoo Bookmark

毎年12月になると長野市にあるま~じゃんくらぶチェックでは、ゲストを招いた大規模な麻雀大会が開かれる。
開催41回を数える「めいんフェスティバル」は長野県下だけでなく、毎年東京からの参加者も大勢いる。
これだけの規模の大会を継続することができるのも、最高位戦日本プロ麻雀協会顧問で、お店のオーナーの清水昭プロの人望が伺える。

筆者は前夜祭となる「第24期長野カップ戦」に取材も兼ねて参加した。

参加プロには、バビィ(馬場裕一プロ)、いわますみえプロ、日向藍子プロ、宇野公介プロ、嶋村俊幸プロ、黒木真生プロ、梶本琢程プロ、ケネス徳田プロ、白鳥ケイタロウプロ、桐生美也子プロと豪華な顔ぶれ。

大会形式は發王戦のように上位2名が勝ち上がっていくシステムで、決勝まで残ると7回戦となる。



左:大会の様子
右:清水昭プロ


左:バビィ
右:梶本琢程プロ


左:宇野公介プロ
右:嶋村俊幸プロ


1回戦は、黒木プロとチェックの竹村店長と同卓。
竹村店長が6000オールをツモって先行するが、筆者も親番で6000オールをツモリトップを逆転して逃げ切った。

2回戦以降も調子良く勝ち上がり、なんと決勝まで進出。
決勝の相手はチェック常連の松岡さん、いわまプロ、桐生プロ。

東場の親番でいわまプロが切ったドラのp_ms7_1.gifをポン。
そしていわまプロのリーチを受けて、

p_ms2_1.gifp_ms2_1.gifp_ms4_1.gifp_ss2_1.gifp_ss2_1.gifp_ss2_1.gifp_ss4_1.gifp_ss5_1.gifp_ss6_1.gifp_ss7_1.gifp_ss7_1.gif p_ms7_1.gifp_ms7_1.gifp_ms7_3.gif

p_ms2_1.gifを切るとリーチの現物待ちだが、最終手出しp_ms2_1.gifで現物のp_ms3_1.gif待ちでは、ドラポンの親よりもリーチに打つだろうと思い、場に安いソーズの待ちを選択。こちらの方が枚数も1枚多い。

次に引いたのが、リーチがツモ切ったばかりのp_ss5_1.gif
p_ms2_1.gifp_ms2_1.gifp_ss2_1.gifp_ss2_1.gifp_ss2_1.gifp_ss4_1.gifp_ss5_1.gifp_ss6_1.gifp_ss7_1.gifp_ss7_1.gif p_ms7_1.gifp_ms7_1.gifp_ms7_3.gif ツモp_ss5_1.gif

ここで、筋のp_ss7_1.gifを切って勝負に出たが、これがいわまプロにカンp_ss7_1.gifに捕まってしまった。


オーラスの親番も一打逆転の手が入ったが、松岡さんがアガリきって優勝。
結局筆者は3位であったが、非常に楽しい対局だった。



優勝の松岡さん




筆者は帰京してしまったが、翌日のめいんフェスティバルも大きく盛り上がったという。
来年は是非取材に伺いたいもである。


◆ま~じゃんくらぶ チェック



住所:長野県長野市大字稲葉766
電話番号:026-221-0266
営業時間:10:00~24:00
定休日:年中無休
基本情報は「麻雀王国 雀荘検索」よりご覧ください

フリー・セット、社内大会、競技大会、オフ会など様々な用途に利用できる広いお店。
フリーは27000持ちで赤牌・チップ・ご祝儀全てなしというルール。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース