【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 雀荘/麻雀教室 > 仙台のさんくちゅあり、被災地支援活動として店舗を無料開放

仙台のさんくちゅあり、被災地支援活動として店舗を無料開放

Bookmark this on Yahoo Bookmark

仙台に3店舗を構える「フリーまぁじゃん さんくちゅあり」は、東日本大震災を受けて麻雀店ならではの被災地支援活動を行っている。

仙台市内の大部分でしばらく停電の所が多かったが、幸い停電もなく被害も少なかったさんくちゅあり仙台駅前店では店内を無料開放し、麻雀打たない人にも快適なスペースを提供した。

店内では復興応援キャンペーンを開催し、来店した人全員に食事を無料で提供。
中には、麻雀を知らない人も数十名来店したという。
食事、携帯の充電、麻雀卓の提供によって多くの人から感謝され、被災地への物資補給のためガソリン代の募金を募り、たくさんの募金が集まった。

丸金のたまごと玉寿司のいなりを手に喜ぶ被災者



また、店外でも積極的にボランティア活動を行い、全国からの協力の下支援物資を集め、宮野社長が中心となって宮城県沿岸部を中心に3/21時点でトラック28台分(宮城20台、岩手6台、栃木2台)の支援物資(食料や灯油)を運んだ。 

現在、深刻なガソリン不足の仙台。
そのため週に1回、顧客の代わりに被災地にいる家族・親戚・友人に物資を届けている。

緊急車両と支援物資を下すさんくちゅありのスタッフ


女川町と女川港の様子


南三陸町の様子



こういった状況にも関わらず、店内では元気に麻雀を打つ客であふれている。
夜は満卓の稼働が続き、スタッフも元気に働いている。

支援活動に、店内での営業に元気に働くスタッフ



3月30日の夜。被災地ながら満卓の店内。



さんくちゅありのブログには、来店した客からこんなコメントが寄せられた。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
[ありがとう]
僕は幸い、そんなに食事や水電気に困らずに済んでいたものの、あの状況下で、食事と娯楽を無償で与えるということの素晴らしさに素直に感動したよ。
初めてこのブログ開いてこんなこと言うのもアレだけど
また、いつか遊びに行きたいと思える場所のひとつになりました。
まだまだ大変かも知れませんが、これからも仙台の雀ゴロ共の憩いの場として頑張ってください。応援してます!
2011-03-20 02:26 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –


関東では計画停電の影響もあり、営業がままならない麻雀店も多数ある。
九州の店舗でも3月11日を境に客足が減ったという声が編集部に届いている。
しかし、被災地まっただ中であるにも関わらず、支援活動に力を入れるさんくちゅありは元気に営業しており、被災地の多くの麻雀ファンが熱心に打っている。
全国的な”自粛”ムードの中、麻雀店にとって大変な状況であるのは間違いないが、多くの店舗にさんくちゅありの元気に営業する様子を見てほしい。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース