【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 書籍 > 村上淳プロ「最強麻雀 リーチの絶対感覚」3月15日発売!!

村上淳プロ「最強麻雀 リーチの絶対感覚」3月15日発売!!

Bookmark this on Yahoo Bookmark


3月15日、最高位戦日本プロ麻雀協会の村上淳プロの戦術本「最強麻雀 リーチの絶対感覚」が発売される。
村上プロは実力派デジタル雀士として最高位戦リーグを最短でAリーグまで駆け上がり、2010年にはタイトル三冠を達成、現在はテレビやインターネット生放送でも大活躍中である。
本書は「リーチ」について徹底的に解説した戦術書となっており、リーチの判断基準、リーチにまつわるテクニックを具体例を交えてわかりやすく説明している。


・著者:村上淳
・定価:1,470円(税込)
・四六判 224ページ
・ISBN978-4-8399-4214-4
・発売日:2012年03月15日
・出版社:マイナビ

◆内容紹介
村上淳が「リーチ」をアツく語る!!
実力派デジタル雀士として最高位戦リーグを最短でAリーグまで駆け上がり、2010年タイトル三冠を達成、現在はテレビ等で大活躍中の村上淳プロ待望の麻雀戦術本です。
今回は村上プロの麻雀の骨子であり、テレビではその発声の良さでも有名な「リーチ」について徹底的に解説しています。
リーチをするかどうか、この判断が麻雀の勝敗を左右するといっても過言ではありません。
本書では三冠王のリーチの判断基準、リーチにまつわるテクニックをタイトル戦における具体例などを交えて分かりやすく説明しています。
やっぱり麻雀はメンゼンでリーチ!このシンプルな戦略の重要性、優秀性が本書で分かるはずです。

◆著者略歴
村上淳(Jun Murakami)
1975年4月10日生まれ、B型
幼少の頃に麻雀を覚え、大学3年の春にプロデビュー。
最高位戦リーグ戦において最短でAリーグまで駆け上がり
『若手実力派』などともてはやされるも、その後10年間低迷。
プロ入り14年目の2010年度、「第8回日本オープン」で優勝して初タイトル。その年「第5回最高位戦クラシック」「第35期最高位戦」と続けて優勝、2010年度三冠王と呼ばれた。現在二児の父親。

◆目次
第1章 村上淳の基本戦術
村上淳の基本戦術
字牌の切り順   
流局狙いのリーチ
「ベタオリ」よりは「リーチ」 など

第2章 実戦のリーチ判断
リーチの基準
「場況」によって変わるリーチ判断
「リーチが打てる受け入れ」を増やす
フリテンリーチ など

第3章 タイトル戦決勝のリーチ判断
リーチのメリット
ダマにすべき局面 
即リーチしない手牌 など

第4章 リーチにまつわるテクニック
ハイテイずらし
ツモ番なくし
一発消し など

第5章 麻雀バカはバカのまま
鳴けない牌から読む
残した牌から読む
鳴いた時の牌から読む
ドラに役牌を合わせ打つ など

第6章 3冠王への道
第8回日本オープン決勝戦 決勝1回戦東2局
第5期最高位戦クラシック 決勝3回戦東2局
第35期最高位決定戦 最終日 など

付録・牌譜の楽しみ方


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース