【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 書籍 > 麻雀のあるあるネタが満載!!「麻雀あるある」9月27日発売

麻雀のあるあるネタが満載!!「麻雀あるある」9月27日発売

  • 2012年09月27日 (木) 14:58
  • カテゴリ:書籍
Bookmark this on Yahoo Bookmark


本日9月27日に「麻雀あるある」が竹書房より発売された。定価945円(税込)。
思わず「あるある」とうなずいてしまう麻雀中の出来事を、思わずくすりと笑えるイラストと一緒に紹介している。
その数なんと400個!!
気に入ったネタは麻雀中に使ってみてはいかが!?

【詳細情報】
著者:グレート巨砲、 漫画:木山道明
出版社:竹書房
定価:945円(税込)
発売日:2012/09/27

【内容紹介】
麻雀打ちは不思議な生き物です。
大の男4人が集まって数時間モクモクと牌をツモって切るの作業をします。
世の中から見るとなんでそんなに長時間、毎日こりずに同じことができるの?と見られます。
でもそれくらい麻雀は楽しいです。
そしてその最中にいろんなことがよくおきます。
人のアタリ牌を止めた止めたと主張する人、嫌ったほうのカンチャンを引くこと、赤がたくさんあってもアガれないこと、最後の集計で計算があわないことなど。
そんな、打っているときに感じる「あるある」を一冊にまとめました。
思わずくすりと笑えるイラストと一緒に楽しんでいただければと思います。

【作者プロフィール】
グレート巨砲(ぐれーとおおづつ)
1972年愛媛県生まれ。
草野球と子博打が大好きなライター。
主な仕事はパチンコ必勝ガイドでパチンコ台に遠まわしな悪口を言ったり、近代麻雀の読者コーナーで歪んだ麻雀感を披露しては、麻雀純情な読者に嫌われること。
口癖は「来年からガンバル!」

【購入はこちら】

麻雀あるある


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース