【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 麻雀団体 > 2010年度スプリントカップ第8戦(最終戦)ネプチューンカップ自戦記 (河野高志)

2010年度スプリントカップ第8戦(最終戦)ネプチューンカップ自戦記 (河野高志)

Bookmark this on Yahoo Bookmark



RMU(リアル・マージャン・ユニット)のスプリントカップのシステム、概要は以下の通りである。

スプリントトライアル(予選)として1dayのカップ戦を8戦行う。
会員、非会員問わず参加することができる。
ポイント上位12名がスプリントファイナルの出場権を得る。(同点の場合は追いついた者を上位とする)

トライアル付与ポイント
優勝・・・10P
2位・・・7P
3位・・・6P
4位・・・5P
ベスト8・・・3P
ベスト16・・・2P

【2010年度スプリントファイナル 概要】
トライアルの点数上位12名(棄権者が出た場合順次繰り上がる)がスプリントファイナルに進出。
初日は5~12位の8名がAルールで半荘3回戦を行い、 各卓得点上位2名(合計4名)が初日後半に進出。
後半は勝ち上がり者に1~4位を加え半荘3回戦を行い、各卓得点上位2名(合計4名)が翌日に進出。
2日目は4名で半荘5回戦。
初日は70分+1局。
2日目は時間打ち切りなし。


さて、2月13日(日)に行われたスプリントカップ第8戦(最終戦)ネプチューンカップの自戦記をリポートしよう。

今大会はBルール(一発、裏ドラなし)で開催された。
私はもともとこういったルールが好きでプロになったようなものである。が・・・
麻雀歴28年で1dayマッチで優勝した回数は、なんと1回しかないという情けないものだ。
さらに、毎回、対戦者が変わるシステムもここ数年は相性が物凄く悪い。
苦手意識を持っているのが事実である。

さて、この大会はまずは半荘4回が最初のステップである。
ここで、上位16名に絞り込まれ、さらにもう1回戦行い上位4名で決勝を行う。
ここまではポイント持ち越しのため打点力と安定力、両方が必要である。
今大会は決勝では持ちポイントは半分にして行われる。

さあ、頑張るぞ!!と臨んだ1回戦はラス。
続く2回戦は断トツのトップ目に立ち、さあ、これで望みが出てきたな~なんて思っていたが、僕的にはありえない展開で捲られて2着。
これで、ベスト16は相当に厳しくなった。
3回戦は僕の友人、翻意にしている麻雀店のスタッフの女性、劇画原作者の来賀先生。
ここで、なんと僕のキャリアハイ!!
一発、裏ドラなしでなんと11万点オーバーの大トップを取る。
そして、予選1位での決勝進出となったのだが・・・

詳しくはRMU公式サイトをご覧いただきたい。

決勝の結果は

優勝 田島文夫 71.6
2位 佐野大輔 51.2
3位 山下健治 34.2
4位 河野高志 32.8


優勝の田島文夫さん


結果的には、東1局の田島さんの4000オールで決まってしまった。
私は、高めp_ms1_1.gifでの一通かダブp_ji_e_1.gifp_ms8_1.gifのシャンポンかの選択で裏目ってしまったのと
ツモりスーアンコがアガれなかったことでラスとなってしまった。
が、見せ場は作れたことには満足している。
来年度はもっと良い成績を残したいものである。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース