【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 麻雀団体 > RMU「2010クライマックスリーグ」自戦記(河野高志)

RMU「2010クライマックスリーグ」自戦記(河野高志)

Bookmark this on Yahoo Bookmark

RMUにとって本年度最後となる公式戦「2010クライマックスリーグ」が、3/19,20に「柳 勝ちどき店」にて行われた。


クライマックスリーグとは、
「RMUリーグ上位者とR1上位者が年度末に行うリーグ戦で全10回戦の2日制。
今年度の初日は6名の総当たりで6回戦、2日目は得点上位4名による4回戦とする。
時間打ち切りは、初日のみ70分+1局とする。
なお、得点はすべて持ち越しとし、Aルール(一発、ウラドラ有り)を採用する。
優勝選手がRMUリーグに所属していない場合、RMUリーグへ推挙される。」

今年度の出場選手は(敬称略、期首順位順)、
1:阿部孝則(S級)
2:多井隆晴(S級)
3:河野高志(S級)
4:壽乃田源人(B級)
5:谷井茂文(A級)
6:北島路久(R1)

以上である。

さて、1回戦は阿部、多井が抜け番で始まった。私にとって全く情報がないのが北島であり、古い情報ではあるが、壽乃田、谷井の打ち筋やらはよく知っているつもりだ。

起家で始まったのだが、簡単に4000オールをツモり、状態の良さをある程度は感じることができた。
そして、東1局1本場でこんなテンパイ。

p_ms1_1.gifp_ms1_1.gifp_ms2_1.gifp_ms2_1.gifp_ms4_1.gifp_ms5_1.gifp_ms5_1.gifp_ms6_1.gifp_ms6_1.gifp_ms7_1.gifp_ms7_1.gifp_ms8_1.gifp_ms9_1.gif

ドラはないものの18000である。すんなりあがり切るようなら私の爆発は決定的であろう。
そして、ツモp_ms3_1.gif。必然の打p_ms2_1.gifに北家の谷井が手牌を倒す。

2000は2300と安いのだが・・・・

「もつれるか?」

そう思ってしまわずにはいられない放銃であった。

南3局3本場、供託に4000点ある。2着の壽乃田とは14000点くらいの差で首位。
ここで、親の北島が切ったドラのp_ss2_1.gifを壽乃田がポン。
ツモられると逆転される差ではあるが、直で打つのはナンセンスと放銃しない手組を組んだのだが・・・・

1枚だけ手を進める牌を切ったところ、びっくりしたような「ロン」の発声!!
「ぬるいな!」
反省はしたが、取り乱すような動揺はなかった。

オーラス。ドラはp_ji_h_1.gif
逆転可能な点差ではあるが、トップ目の壽乃田からリーチがかかる。
そして、3着目の北島からも追いかけリーチ!!
私にとって最悪、最低の結末は北島があがっての3着転落である。
が、ここは壽乃田がドラを頭にしたツモあがりで1回戦の幕を引いた。

詳しい内容はRMU公式サイトをご覧ください。



【最終結果】
河野高志  +164.5
壽乃田源人  +26.4
多井隆晴   ▲30.2
谷井茂文   ▲89.2



「久しぶりに「勝つ」ことができて、結果には満足しています。そして、それ以上に満足しているのが、内容が良かったことです。生活環境が変わったことが良かったのかな?と思います。来期も内容のある麻雀を打つつもりですので、期待してください 」

来期はここ数年とは全く違うモチベーションで競技麻雀に臨む決意の私です。
どうか、今後の活躍に期待していただきたいと思います。


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース