【麻雀ウォーカーは、麻雀プロ団体及び一般団体公認麻雀情報サイトです。】
麻雀団体 全国麻雀業組合総連合会     日本健康麻将協会     全国麻雀段位審査会     日本学生競技麻雀連盟   長崎ジェントル健康マージャン協会
麻雀競技団体 最高位戦日本プロ麻雀協会     一般社団法人日本麻雀101競技連盟     一般社団法人麻将連合     日本プロ麻雀棋士会     一般社団法人日本プロ麻雀協会     RMU     日本麻将体育協会
北海道最強位戦   麻雀共同体WW
協力 (株)竹書房     麻雀【1jann.com】
Home > 麻雀団体 > 麻将連合μ:第2期将紀戦6日目

麻将連合μ:第2期将紀戦6日目

Bookmark this on Yahoo Bookmark

1月6日に行われた将妃戦6日目(4回戦開催)は、1月27日(日)に行われる決定戦に残る4人を決める正念場。上位陣は上下大差のないスタート。ここから誰が抜けていくのか。

まずは岩井が好調。2回戦目では手痛い放銃を見せるも、他は実に冷静で安定した戦いぶり。終わってみれば頭一つ出た状態でいち抜けした。


現在首位の岩井茜ツアー


混迷を極めたのが以下の4人。
トータルトップの雑賀は大きくへこむことなく2位をキープ。
佐熊は1回戦こそ苦しんだものの、ポイントが欲しい位置から着実に点棒を稼ぎまたたく間に圏内へ。

2位につけていた松本は、3回戦のオーラスにハネ満を放銃でラスに落ちいったん頭を下げたが、4回戦での着順・ポイント勝負を制し見事決勝へ勝ち上がった。

ここで、3回戦まで2着2着と耐えていた私草場が、4回戦に自らの放銃と点棒移動、そして極めつけオーラスの3900の放銃によって松本に0.4ポイントまくられついに隣の卓の結果待ちに。
結果待ちにしてしまった自分が悪いのだから、祈ることも何もない。ただ結果を受け入れるしかない。

その別卓4回戦、ラス目の佐熊は2着以上で確実に私を抜く。
その状況を確認したその時、佐熊から「1300、2600」の声。
劇的なフリテンハイテイツモで2着へ。
そしてオーラスにダメ押しの1300。自らの力で決勝卓最後の席に着いた。

最後まで誰が残るかわからない、スリリングな最終節だった。
成績表はこちら



ということで決定戦は 岩井103.4 雑賀81.3 佐熊66.8 松本60.2
大差のない決勝は見ごたえ十分、是非観戦にお越しください。 

決勝は1月27日(日)11:00から、会場は柳八重洲店で行われます。

文責:草場とも子(麻将連合μ)


この記事と関連性が高い記事


タグクラウド


その他 業界ニュース